専務理事

専務理事 寺井 隆史

基本方針

珠洲青年会議所は、50年の歩みの中で、地域の未来を切り拓くのは自分たち青年世代の責務であると率先して行動し、勇気と情熱をもって運動を展開してまいりました。しかしながら、続いてきた地域格差の拡大、若手の人材流出など、この地の経済状況はメンバーが仕事とJC活動を両立する事が厳しくなっている事に繋がっております。会員数減少の中で、今後もこの地域の未来に必要とされる組織となって事業展開していくには、会員一人ひとりのスキルアップだけでなく、他団体や行政との連携を強化していく必要があります。
9人体制となる今年度は組織として盤石な体制を築き、運営していくことが重要です。まずは理事長所信をメンバーが一丸となり具現化していくために、迅速かつ正確な情報提供や連絡調整をすることで、委員会やメンバー一人ひとりをバックアップしていきます。そして、LOM全体を把握することはもとより、諸会議の円滑な運営や予算の管理をすることで、運動・事業を支える組織運営を確立します。また、出向者には活動意欲を高めるために調整・支援し、出向先で得た経験を活かしてもらうことで、LOMがより活力ある強固な組織へと進化します。渉外においても各地会員会議所や関係諸団体と迅速かつ正確な情報交換を図り、相互関係を築くために、メンバーの規範となる姿勢で渉外活動をおこないます。そして、すべての会員に当事者意識を持ってもらうことで各種大会の参加促進を図り、より幅広くJC運動を体感できるような体制をめざします。
本年度は専務理事として、メンバー全員と接点をもち仲間意識を築き上げれるよう行動します。私は、これまでのJC活動の中で、多くの学びや気付きを得る事が出来ました。受けた多大な恩恵を「ひとづくり・まちづくり」運動に推進させることが使命であると考えています。自らが得た経験のすべてを活用し、誇りの持てる地域の実現に向かって、挑戦と学びを忘れず取り組みます。

【運営方針】

  1. 理事長の補佐
  2. 理事会議の運営
  3. 総会並びに定例会の設営・運営
  4. 予算書並びに決算書の作成
  5. 金銭出納に関する責任管理
  6. 日本・地区・ブロックとの連絡・調整
  7. 出向者との調整と支援
  8. 外部団体との渉外
  9. 姉妹JCとの窓口
  10. メンバーにLOM外の各事業への参加促進
  11. 新年会・望年会の設営・運営
  12. 優秀委員会及び優秀会員の褒章
  13. 各種事業の記録及び広報活動の実施