専務理事基本方針

専務理事 竹平 裕之

【基本方針】

地方創生が叫ばれる昨今、我々珠洲青年会議所は、地域を担う青年世代の代表として、地域を牽引していく存在でなければなりません。会員数が少ない中でも一人ひとりがその自覚と責任感を持って行動するためには、しっかりとした組織運営が行える環境を整える必要があるのです。
まずは、LOMをまとめる要であることを自覚し、理事長・副理事長を全力で補佐していきます。そして、会員相互の目的意識を共有し合うために、理事会議運営方針に則り各種会議体を進めていくことで、妥協することなく意見を出し合える環境を整えます。さらに、各委員会や出向者と連携を図り、個々の負担が少なくなるようサポートすることで、信頼関係を強め、組織全体のバランスを保つことに繋げます。また、日本JC本会を始めとする各地会員会議所や外部団体との連携を図ることで、情報を共有し、ネットワークを強固なものにしていきます。
会員数が少ない中で今まで以上に一人ひとりが能動的に行動しなければ、何事も成し得ることはできません。創立50周年という節目を新たなスタートラインとして、創始の志を忘れず利他の精神で行動を興し、珠洲の未来に向かって新たなる運動を発信する礎を築いてまいりましょう。

【運営方針】
1.理事長の補佐
2.理事会・正副理事長会議の運営
3.出向者との調整と支援
4.日本・地区・ブロックとの連絡・調整
5.外部団体との渉外
6.メンバーにLOM外の各事業への参加促進
7.各委員会への情報提供
8.姉妹JCとの窓口